092-874-4133

福岡県福岡市早良区次郎丸4-9-11 FAX:092-874-4134

福岡市早良区|耳鼻咽喉科・アレルギー科

HOME医師のご紹介当院のご案内初診の方へ診療時間・アクセス

ごあいさつ

福岡市早良区にあります、つのだ耳鼻咽喉科クリニックです。
健康維持を考え、あなたにふさわしい治療計画を立て、お互いが納得して治療を行います。
全ての患者様に安心して治療を受けていただけるようスタッフ一同取り組んでおります。

Contents Menu
携帯サイトからも医院情報をご覧いただけます。

耳の病気

HOME»  耳の病気

他覚的耳鳴り・自覚的耳鳴り

他覚的耳鳴り・自覚的耳鳴り

耳鳴りとは、外で音がしていないのに、耳や頭の中でキーン、ジーンと音がする状態のことです。
耳鳴りには他覚的耳鳴りと自覚的耳鳴りにわけられます。

  • 他覚的耳鳴り
    自分だけでなく、他の人も聞くことができる耳鳴りです。
  • 自覚的耳鳴り
    自分が感じる耳鳴りで、ほとんどの耳鳴りは、自覚的耳鳴りです。

外耳炎

外耳炎の症状には、激しい耳の痛みと痒みが挙げられます。
症状が進行すると強い臭いを伴う黄色、または白色の耳垂れが出るようになります。
外耳道が炎症によって腫れ上がる「びまん性外耳炎」が起こると聴力の低下を招くため、中耳炎と取り違えられることが多々あります。
また、耳におできが発生する「限局性外耳炎」は、おできが破れると膿と出血が出ることがあります。

急性中耳炎

耳の痛み、発熱等がみられる疾患ですべての年代で起こりますが幼少期の代表的な感染病です。
中耳と鼻の奥をつなぐ、耳管という管を通じて中耳へ感染を起こすと言われており、鼻炎などが誘因となることが多くなります。
近年、抗生剤への薬剤耐性菌の出現が問題となっており、抗生剤の使用・鼓膜切開の適応は症状・局部所見の上、決定します。

滲出性中耳炎

耳の痛み、発熱等を伴わず進行し難聴が出現することが多い疾患です。
中耳と鼻の奥をつなぐ、耳管という管を通して行われる滲出液の排泄等が障害を起こし、中耳腔に滲出液がたまることで起こります。
まずは、マクロライド系抗生剤の内服・鼻などの処理で様子をみることが多く、改善のない場合は鼓膜切開・鼓膜チューブ留置等を行い治療します。
放置すると難治性の癒着製中耳炎や手術を必要とする真珠腫性中耳炎へと進行することがあり、適切な治療が必要です。

慢性中耳炎

鼓膜に穿孔がある状態で中耳に感染を起こしやすく、耳漏を繰り返しやすい疾患です。
病歴の長いものは中耳の耳小骨や鼓膜の可動性も悪くなっているものもあります。
手術をすることで聴力が改善したり、耳漏がおさまる可能性があります。
専門医と相談の上、治療方針を決定します。

外耳炎

外耳、中耳、内耳、の3ヶ所に耳は分けられ、耳介(じかい)というところから鼓膜までの部分にただれや、できものができたものをいいます。

PAGETOP